ブラックジャック

blackjack

カードゲームを思い浮かべると必ずと言っていいほどブラックジャックカードゲームを一度は聞いたことがある事でしょう。その歴史は浅く19世紀後半に入るとヨーロッパ人の移民と共に海を渡って北米に定着した模様です。その当時、アメリカではギャンブル合法化の全盛期を迎えてネバダ州のラスベガスにおいてはカジノの賑わいを増してきました。ルーレットやクラッツスペードといったゲームが全盛期を迎えます。それに加えてカジノではいかにプレイヤーを呼び込むかでボーナスの特典を付与する起爆剤として生まれたのがブラックジャックゲームなのです。

その詳細はブラックジャックのルールの特典として10から1まででスペードのA或いはクラブのJスペードのJによるもち札の合計で21とカウントされればペイアウトされる旨味が生じる具合です。現在に至るまでブラックジャックルールの基盤として受け継がれたのです。このように正にアメリカがブラックジャックゲームの生みの親といっても過言ではないのです。

世界中でその後に爆発的に人気を博して瞬く間にブラックジャックゲームがプレイされるようになったのです。トップの座として君臨したのが1930年代から1950年代までブラックジャック遊び方が広まっていきました。近年ではカジノファンがブラックジャックルールを覚えてどんどんと進化したブラックジャックゲームの虜になってファン層の広がりを増していった模様です。最近ではオンラインカジノでもブラックジャックをプレイすることができます。

ブラックジャックがプレイできるおすすめオンラインカジノ

casitabi-casino

Casitabi/ カジ旅

  • 200フリースピン

  • 最大 $ 400

  • 「RPG」型の新世代カジノ

Manekichi

Manekichi/ まね吉カジノ

  • 最大$777

  • 3回のウェルカムボーナス最大$777

  • まね吉クラブ(ロイヤルティープログラム)

Cashmio

Cashmio/カシュミオカジノ

  • 最大$300

  • 入金ボーナス300ドル分とフリースピンを320回分

  • 日本語のサービス充実

V

Casino X /カジノエックス

  • $3950 登録ボーナス

  • 5回にわけて、最大$3,950ボーナスとフリースピン合計200回のウェルカムボーナスが貰えます。

  • 安心日本語サポート

ブラックジャックゲームの基本ルールとは

ブラックジャック遊び方としてまず、第一にブラックジャックのルールを押さえておく必要がある事です。それは一体、どんなルールなのかを紐を解いていきましょう。ブラックジャックトランプのカードゲームを以外と知らない人が多いようです。カジノに行ってポーカーやルーレットはよくプレイするというプレイヤーは多いものの以外とブラックジャックはやったことがないという事を耳にします。ここで押さえておきたいポイントではブラックジャックは他のゲームと比較しても還元率もしくはペイアウト率が最も高いゲームと認識されていることです。従って基本さえきっちり押さえておけば一攫千金も夢ではりません。ブラックジャックカードのルールは覚えれば簡単!基本をしっかりとインプットしておきましょう。

ブラックジャックトランプカードの使用は52枚でジョーカーは省いてプレイします。1対1でディーラーとプレイヤーがさしで勝負をします。配られたトランプカードの合計点数を21点か若しくは21点に近い数字になったプレイヤーが勝つという至ってシンプルなゲームです。ベーシッツクに1セット52枚のトランプカードでブラックジャックゲームを展開しますがオンラインカジノでゲームする場合では2セットから5セットを使用するというマルチハンドというタイプも存在します。ここでポイントですがブラックジャックのカウント方法は少し変わったカウント方法です。

絵札カードは10を含んで全て10として数えます。(10、J,Q,K)といった具合です。 その他のカードAを除いて数字通りそのままカウントします。(2,3,4,5,6,7,8,9)といった具合です。ここでラッキーカウントですが A(エース)自体のカウントは有利に運ぶことが出来ます。ラッキーアイテムといえるでしょう。1、もしくは11としてカウントできます。

ルール 

  • 最初に配られたたカードが5とQになった場合では合計カウントは15となります。
  • 最初に配られたカードがKとAの場合のでは合計カウントは11か又は21となります。
  • 配られたカードがA(エース)と10、J,Q,Kのいずれかの場合ではカウント合計カウントが21となりブラックジャックカードにおいて最高のハンドとなり高得点を得ることが出来ます。

ベーシックなルールにおいて

基本中の基本ルールとして覚えておくことはディーラーの裏向けの1枚のカードの数と表面に出ているカード1枚を足すと合計何点なのかと予想することを念頭におきましょう。自分のキャリー2枚のカードの合計点数と比較して勝つためにヒットするかステイするかをチョイスするのです。ヒットではもう1枚引いてステイではそのままの2枚でカウントして勝負を意味します。プレイヤーそれぞれチョイスし終わると、ディーラーが裏向けのカードを見開いて各プレイヤーにオープンに開示します。

そこでディーラーとプレイヤーにそれぞれカードが配布されて21を超えない許容範囲で21に近いほうが勝利を確定します。ここで勝利すると2倍の配当がゲットできます。最初に配られた2枚のカードが10とAの絵札だった場合を「ブラックジャック」と称します。ここでブラックジャックを出すと配当は2.5倍となります。以上のブラックジャックルールを押さえれば問題ありません。ブラックジャックトランプを使いこなしてブラックジャックゲームを楽しもう!!

カードのカウント方法

ブラックジャックゲームのカードのカウント方法は以下の様になります。自分の手持ちのカードの合計値が21に近づける様になるように選択すれば勝利に近づけるのです。

  • 2から10までは既存の数字でカウントします。
  • J、Q、Kの絵札は、10とカウントします。
  • A(エース)は、1か又は11のいずれか好きな数字でカウントします。又、途中で変える事も可能です。

要約の手順

ディーラーとプレイヤー全員2枚ずつカード配布→持ちカードの合計が21に近づけカード追加やスタンドチョイスをする→カード合計点が21を超えるとバーストになる(負けを意味)→オーバー21でない限り好きなカードを追加可能→ディーラーはカード合計値が17を超えるまでカードを要追加→プレイヤー全員が選択終了後、ディーラーがカードを開示して17点以上になるまでカードを引き続けて勝負続行→ディーラーよりも21点に近いプレイヤーは勝者で賭け金と同額の配当を獲得できます。 ディーラーが21点以上になった場合は、ディーラーの負けとなりバーストせずに残っているプレイヤー全員勝利→ディーラーよりも21点に遠いプレイヤーは逆に負けとなり賭け金没収→同点の場合はプッシュと称して引き分けを意味する。

  1.  ゲームにベットする金額を最初に決めてテーブルスタンバイをする事。
  2. ディールのボタンを押す合図でスターティングゲームのスタートが始まります。
  3. 2枚づつのカードがディーラーとプレイヤー全員に配布されます。次にディーラーの1枚目のカードは表向きにテーブルに置かれてアップカードとして全員が見守る体制です。
  4. 次に 自分の手持ちのカードの合計値が21になるように注視しながらカードを追加したり、追加しない場合にはスタンドを選択します。
  5. ここでカードの合計値がオーバー21する時点でその場でバーストに陥ります。
  6. 他のプレイヤーはオーバー21しない限り好きなだけカードを追加することができます。ディーラーはこの時点でプレイヤーのアクションを注意深く見守ります。
  7. ディーラーにおいてはカードの合計値がオーバー17になるまでは追加カードを遂行せざるを得ないので17以上にヒットするまで続行します。
  8. トータルカウント19即ちカードが追加された6.4.6.3の場合では勝負は引き分けになります。
  9. 次のゲームに進行すると新しいベットを促しながら進みます。ベット額を変えないでそのままゲームを進行する場合にはリベットをプッシュします。
blackjack cards

ブラックジャックトランプ用語

ブラックジャック遊び方においてプレイヤーのみの限定ルールが起用されてたりアクションやルールの概要が違う為、以下の要点をキープしながら用語をインプットしましょう。

  • ヒットとは・・・自分の手元にあるカードをハンドと呼称して更に1枚追加する事です。
  • スタンドとは・・・現在における手持ちのハンドで勝負する事を意味しておりここでカードの追加不可となります。
  • ダブルダウンとは・・・賭けた金額を更に倍にして3枚目のカードを引くことを意味します。この場合においては勝率以上の利益を見込む為にトライする行為及びそれ以上のカードを引く事は不可となります。
  • スプリットとは・・・最初に2枚のカードが配られて同じカウントの場合のみ適用されるルールとなります。ここでスプリットを行う場合にハンドを2分割しそれぞれのハンドに対応して追加カードを引くのは認められますがその場合には分割した2つ目のハンドに対して同様のベット額が必要となります。
  • サレンダーとは…自分のハンドが悪く勝利の見込みが出来ないと判断すると賭け金の半分を渡してゲームから降りる事が可能となります。
  • バーストとは…持ち分のカードの合計数が22以上になってしまう事を意味します。
  • ブラックジャックとは…最初に配布されたカードがA(エース)と10カードか絵札(J、Q、K)の組み合わせにおいて足した合計数が「21」になる事を意味します。
  • スイッチとは・・・特殊なルールで自分のハンドのカード2枚を使用してスイッチを利用することで互いのカードを交換する事が出来る事を意味します。ブラックジャックスイッチやブラックジャックスワップのコンディションにて使用可能。
  • インシュランスとは・・・保険の意味でディーラー側に配られた1枚目の表向きのカードがエース( A )の場合において最初の掛け金の半額で賭けることが可能。これはディーラーがブラックジャックの期待値として判断して遂行する行為です。このインシュランスがヒットする場合にはインシュランスに賭けた2倍もの配当を得られます。但し元の賭けた金額は没収されるので総合的には相殺されます。但し、ディーラーがブラックジャックしない場合にはインシュランスの賭けた金額没収によりゲームは続行されます。ここで注意することはインシュランスしないでの勝負で負ける場合には両者の賭けた金額は全額没収されるので大きなリスクとなります。
  • イーブンマネーとは・・・インシュランスと同様にディーラーがわに配られた1枚目の表向きのカードが A (エース)の場合でプレイヤーが21( ブラックジャック )のハンドが成立した時のみ使用できる行為のことを意味します。ディーラーがーイーブンマネー同様にブラックジャックの期待値に対して最初の賭けた金額半額で賭けることが可能となります。このイーブンマネー利用時にはディーラーがハンド21の場合又はそうでない場合でも保険金の2倍もの金額を得ることが可能でその結果、元の掛け金同額プラスになるので損はしません。
  • 非ブラックジャックとは・・・ディーラーサイドにおいて勝負はプレイヤーの勝ちとなり21で勝利した配当金の1.5倍の25ドルがキャッシュバックされ保険金の5ドルは没収されますがその儲けとしては差し引き後に10ドルとなります。

ブラックジャックゲームのまとめ

これまで学んできたブラックジャックの遊び方をよく理解していただけましたか?ブラックジャックルールで解説した通り攻略としてはゲームの目的を最小限に把握することにあります。

ゲームの目的をきちんとして上で自分の手持ちハンドが21に達する事のみならずディーラーに勝つ上の攻略を考慮してバースト回避を考えてみることも勝敗の鍵を握るポイントです。バースト回避とは自分のハンド総合カウントがオーバー21による破産することがブラックジャックにおいての大きなリスクとなる訳です。

このバースト回避をするためのツールがストラテジーチャートなるものがあるのでこのチャートをレクチャーして腕を磨くのもおすすめです。いろんなことにチャレンジする精神が勝利への登竜門となります。オンラインカジノにおいても自宅で自分の好きな時間、場所を問わず思いっきりブラックジャックを楽しむことが出来ます。上記で学んだブラックジャックルールや攻略法を駆使してブラックジャックゲームを思いっきり堪能してみて下さい。