カード・カウンティング解説

ブラックジャックはプレイヤーの判断が勝敗に大きく影響するゲームです。ですからいろんな必勝法が存在するわけですが、そのブラックジャックの必勝法の中で有名なのがカード・カウンティング。ゲームをより楽しむためにも知っておくと良い必勝法です。それでは「カード・カウンティング」について詳しくみていきましょう!

カード・カウンティングとは?

超簡単に説明すると、カードカウンティングとは場に出た全てのカードを覚えてまだ場に出ていないカードを予測する技です。確率と統計に基づいて、プレイヤーが常に自分に有利な判断ができるという手法となります。

専門用語

「デッキ」・・・52枚のカードの束のこと。山札、デックとも表現します。

「シュー」・・・未使用のカード(デッキ)を入れておくボックスのこと。

カード・カウンティングの仕組み

card counting

ブラックジャックでは特殊な数字のカウントを行います。

「2~9」はそのまま、「10」「J」「Q」「K」は「10」として数え、「A」は「1」もしくは「11」として数えます。

card counting

つまり「10」として扱われるカードが非常に多く含まれているんです。そのため、「10・J・Q・K」のカードがどのくらい残っているかを把握する事が重要なポイントとなります。「A」も「11」と数える場合では重要なカードとなります。

【例】「8」と「3」の2枚のカードが配られた場合、合計数は「11」です。もしシューの中に「10」と数えるカードが多く残っていることを知っていれば、「10」を引いて「21」に近付けやすい有利な状況にある事が推測できます。

card counting

【例】逆に8と9のカードがきて合計17という微妙なカードがきた場合、シューの中に「10」と数えるカードが多ければ、「10」を引いてバーストしてしまう可能性が高くなります。

card counting

またディーラー目線でこれをみてみると、シューの中に「10」と数えるカードが多い中で、ディーラーのアップカードが「6」だったとします。仮に伏せているもう一枚のカードを「10」と予測した場合、ディーラーのカードの合計数は「16」になります。ディーラーにはカードの合計が「17」になるまでカードを引かなければいけないと言うルールがあるので、もう1枚カードを引かなければいけません。ですからここで更にもう1枚カードを引くとなると、ディーラーはバーストする可能性が高くなります。つまりプレイヤーであるあなたはもうヒットしなくても、ディーラーにカードを引かせてバーストをさせることができます。

card counting

このようにカウンティングをしていれば、自分が有利な状況にあるか、それとも不利な状況にあるのかが分かるようになります。

カード・カウンティングの方法

カウンティングの仕組みはわかったと思いますが、実際ゲームをプレイしながら場に出る全てのカードを次々に暗記していくのはなかなか大変です。参加しているプレイヤー全員に配られたカード全部を覚えないといけないので、相当な記憶力と集中力が強いられます。そこで「カードをグループごとに分けて数値化する」という比較的簡単なカウンティング方法をご紹介します。これは簡易計算で全てのカードを手軽に管理するという方法で、割とやりやすいです。それでは一番代表的な「ハイローシステム」をみていきましょう。

「ハイローシステム」

このハイローシステムは訓練すれば誰でも習得することができます。

ハイローシステムでは「10」「J」「Q」「K」「A」の5枚を「-1」、「7」「8」「9」の3枚を「±0」、「2」「3」「4」「5」「6」の5枚を「+1」と、3種類の数値に分けて計算しながらカードを管理します。

card counting

カウンティング結果が「マイナス」の場合

「10」と数えるカードの「10、J、Q、K」は全てマイナスとしてカウントされるため、マイナス数値が多いほど「10」と数えるカードがシューから場に出されていることが分かります。つまり合計値がマイナスであればあるほど「10」を引く可能性が少なくなるということです。合計値が大きくマイナスになるようなら、勝負はせずに相手のバーストを待つと良いでしょう。

 カウンティング結果が「プラス」の場合

「10」の役割を持つカードがマイナスなので、プラス値が大きければ大きいほど「10」以外のカードが場に出ているということになります。シューの中に「10」の役割を持つカードが多く残っているということで、つまり合計値がプラスであればあるほど「10」の役割を持つカードを引く可能性が高くなるということです。合計値が大きくプラスになるようならヒットやダブルダウンを選ぶと良いでしょう。

メモをとる

カードカウンティング法は、ゲームをしながら場に出たカードを記憶していく必要があるので慣れないうちは頭の中でカウントするのはなかなか難しいです。ちょっと気を抜くと頭の整理が追いつかなくてごちゃごちゃになってしまいます。でもメモをしながらカウントしていけばすんなりこなせます。

実際のカジノではメモをとるのは禁止されていますが、ネット上のカジノであれば大丈夫。ゲームの前にはメモとエンピツの準備をお忘れなく!

その他のカウンティング方法

「ハイローシステム」についてご紹介しましたが、その他にもカウンティングには初心者向けの手軽なものから熟練者向けの精度が高いものまで、さまざまな種類が存在します。具体的に名前を挙げると、「カジュアルシステム」「K-O システム」「レッドセブンカウント」「ゼン」「ハイオプトワン」「ハイオプトツー」などいろんな方法があります。

でもどのカウンティングシステムにも共通するのは、「瞬間的に勝つ」といったものではなく「長期的にみて勝ちに持っていく」ということです。カードカウンティング自体は信頼度が高いのでおすすめの必勝法ではありますが、カウンティングを行ったからと言って必ずしも勝てるとは限りません。場に出された全てのカードを把握することでシューの中身を知ることはできますが、ベット額やアクションの取り方次第で勝ち負けが変わってくるからです。

カウンティングでの注意点

カウンティングがブラックジャックにおいて有効な戦略だということは確かですが、使用する際の注意点があります。以下3つに気をつけてください。

① カウンティングはデータをもとに戦略を決める手法です。場に出たカードの合計枚数が少ない序盤ではデータがあまりないので効果を発揮できません。カウンティングの効果はカードがある程度使われてきた終盤に発揮されます。

② オンラインカジノでコンピュータと対戦するゲームの場合、1度使用したカードは全てシューに戻されます。次のゲームではカードはそのシュー全体をシャッフルしてから配るので、カウンティングをしても意味がありません。一方ライブカジノのブラックジャックではカードは使い捨てでシューに戻しません。使用したカードを捨てるということはカウンティングの効果が出るということなので、カウンティングはライブカジノで有効な戦略ということになります。

③ ライブカジノではカウンティング対策としてシューの半分までしか使用しません。なので、最初からカウンティングをしてもシューの半分のデータしか集まらないことになります。したがってカウンティングで把握できるのはおおよその傾向だということになります。ただ、おおよその傾向しか掴めないとしても、それでもライブカジノでカウンティングをする価値は十分にあると考えられています。

よくある質問

数学者のロジャー・ボールドウィン氏が1956年に発表した案をベースに、エドワード・O・ソープ氏という数学者が研究を重ね、1962年に「Beat the Dealer(ディーラーを倒せ)」という題名の本として出版しました。

主にブラックジャックで使われますが、バカラでも応用して使われています。

ランドカジノではほとんどの場合禁止行為となっています。それほどカードカウンティングはプレイヤー側の勝率を大幅にアップさせる戦略だからです。なおオンラインの場合、コンピュータと対戦するタイプの場合だとカウンティングはほぼ効果がありません。

オンラインのライブカジノです。メモするためにペンやノート使っていても怪しまれることもありません。しかし禁じているオンラインカジノもありますので注意。

card counting

まとめ

カードカウンティングは確率と統計に基づいた、プレイヤーがいつも自分に有利な判断ができやすいようにしてくれる戦略です。効果が絶大なのでランドカジノでは禁止されている場合が多いのですが、オンラインカジノだと使えることがあります。非常にむずかしい必勝法ではありますが、使い方を覚えておくとブラックジャックで最適な選択を行うことができます。利益や勝率もレベルアップさせられるので、ぜひカウンティング法を習得してください!

オンラインカジノでは無料で遊べるシステムがあります。入金不要ボーナスをただでゲットして、いろんなオンラインカジノいろんなオンラインカジノでぜひお得に遊んでみてください!