パチンコとオンラインカジノの関係

Pachinko-casino

ついに令和を迎え、オリンピックのムードが高まってきました。2016年12月に統合型リゾート(IR)整備推進法案が成立してからは、日本ではカジノ法案が注目されています。公営ギャンブル以外を違法として禁じてきた日本が方向転換をして、カジノ(賭博場)を合法的に認め推進しようという法律です。日本には様々なギャンブルがありますが、その中でも有名なのが競馬、競輪、競艇、オートレース等の政府公認の公営ギャンブルがあります。民営のギャンブルとしてパチンコが挙げられますが、パチンコは一兆円産業と言われるほどの。

利益を生んでいるエンターテイメントです。と、ギャンブルとしてみなされていない民営のパチンコなどが主な賭博として存在しています。この中でもパチンコは、ギャンブルではないので「遊戯」として分類されますが、実質的には庶民の間で最もポピュラーなギャンブル的な遊戯といえるでしょう。

ここではカジノ法案とパチンコとの関係や、パチンコとオンラインカジノの関係について解説していきたいと思います。

カジノ法案とパチンコの関係

カジノ法案(IR法案)が国会で成立してからは日本ではカジノに対するイメージが徐々に変わってきました。以前ではカジノはネガティブなイメージと連携していましたが、法案が通ったことに対して多くの人の見方も変わってきたようです。当然ギャンブルを法案化するということなので、カジノに対する規制や、依存症などを懸念する人もいますが、今後もカジノ法案は注目を浴びそうです。

現時点では日本の全国に10,986軒のパチンコ店があるといわれており、設置されているパチンコ台は4,525,253台に上ります。これほどまでに普及している庶民の娯楽でもあるパチンコは、カジノ法案成立によってどう変化していくのでしょうか?

カジノ法案とは正式名称は統合型リゾート(IR)整備推進法であり、決してギャンブルを規制する法案ではありません。あくまでも法案の本来の目的は観光産業の活性化を目的とした地域開発であり、その観光客を誘致する手段としてカジノを含む大型リゾート開発を行うのが目的なのです。カジノ法案を容認することで観光産業が活性化し、特に外国観光客の誘致拡大につながるといわれています。つまりパチンコ産業にも利益をもたらす可能性が高くなるのです。

日本は世界的にも観光地とし人気がある国なのでカジノを含む統合型リゾートを設立すると、パチンコ産業にも大きな収益をもたらすと予想されます。カジノの客層は富裕層、外国人観光客が予想され、これに便乗してパチンコをプレイする人も増えるという見込みです。

パチンコのプレイのしかた

パチンコは玉貸し料(1玉借りるためにかかる値段)によって、複数の種類が存在しますが、プレイ方法はとっても簡単です。通常玉貸し料の上限は1玉4円と決められておりますが、最もポピュラーなのが、『4円パチンコ(4パチ)』で、次に多いのが、『1円パチンコ(1パチ)』で、1玉1円で借りることができます。また2円パチンコや0. 5円パチンコなどもあります。初めてパチンコを試したい方はまずはルールを学び、色々な台を試してみることをお勧めします。

ハイリスクハイリターンを狙うのもいいですし、少ない資金で長時間遊ぶのも自分次第です。しかし、ルールもわからないうち初心者がいきなりハイリターンを狙うのは難しいので、少ない金額で多くプレイできる1パチを試してみましょう。

初心者向けのパチンコ

パチンコ台には、大当たりの確率によって3つのタイプが台が区分されています。当たりやすい順にライトスペック、ミドルスペック、ハイスペックと分かれております。ライトスペックは大当たりしやすい反面、1度の大当たりで獲得できる玉の数が少ないです。初心者はライトスペック台で試すことをお勧めします。パチンコをプレイするには、最初に現金を玉に交換する必要があります。ほとんどの店で玉貸しは自動化されており、初めての方は困惑するかもしれませんが、まずパチンコの台を見つけたら、パチンコ台の左側にある『サンド』という機械にお金を入れましょう。通常ほとんどのお店ではお札しか使えません。

1000円から1万円まで入札できます。サンドにお金を入れたら、パチンコ台の上皿周辺にある『玉貸』あるいは『球貸』と書いてあるボタンを押します。すると上皿にパチンコ玉が出てきます。この玉でパチンコを遊ぶことができます。いよいよゲームの準備完了となります。あとは台の右下についているハンドルを右に回すと、盤面の左側から玉が飛び出てきてパチンコゲームのスタートです。玉のスピードは、ハンドルの回し方の強弱で調整することができます。

パチンコの醍醐味:パチスロ

パチンコとスロットの違いは何なのでしょうか?パチンコとパチスロは見た目から大きく違いがあります。パチンコは銀玉を打ち出してそれを賞球口に入れるというのに対して、スロットはメダルを入れてレバーを叩くというゲームです。

Hwaiian Dream-slotパチスロは、メダルを3枚投入して1回リールを回してあたりを狙います。スロットの特徴は、メダルを入れてレバーオンすると数字や絵柄のついたリールが回り始めます。

この状態でストップボタンを押してリールを止めます。パチスロは、メダルを投入した後に、レバーを叩いてリールを動かし、ストップボタンを押して、リールを止めるといった操作を1ゲームごとにおこないます。大当りであれば当然メダルが増えます。パチスロで大当たりを得るには「777」を揃えなければいけないのですが、これを目押しと言います。一回で目押しを狙うのは難しいので何でも挑戦します。他にも、大当たりほどではありませんが、メダルが2〜15枚前後出てくる子役といわれるものもあります。

 

パチスロをオンラインカジノでプレイできる

最近ではカジノをオンラインでプレイできる。オンラインカジノが日本でも注目されています。欧州を筆頭に多くの人がオンラインカジノをプレイしています。そして最近ではパチンコゲームではありませんが、パチスロをオンラインカジノからプレイできるようになりました。2019年の初めにJTGJapan Technicals Gamesよりパチスロの特徴を生かしたゲーム、ハワイアンドリームズをリリースしました。

日本人になじみ深いパチスロ仕様、ハワイアンドリーム(Hawaiian Dream)スロットは『Japan Technicals Dream/ジャパン・テクニカル・ゲームズ』が手掛けた3×3のスロットゲームです。

このカジノでHawaiian dreamsでスロットをプレイする

お勧め

casitabi-casino

カジ旅

  • 200フリースピン

  • 最大 $ 400

  • 「RPG」型の新世代カジノ

お勧め

vera-john-casino

ベラジョンカジノ

  • 最大$500 + 登録ボーナス:$30

  • 完全日本語対応で

  • 豊富な1,000種類以上のカジノゲーム・ソフトウェア

まるで日本のパチスロにある南国育ちや沖スロを想像させるようなゲームです。また3×3のモバイル形式のスロットで、日本人がすきそうです。パチンコ、パチスロスキの日本人プレーヤーにとっては待望のスロットではないでしょうか。

3×3リール5イライン のこのパチスロはRTPが97%のパチスロゲームです。スロット、グラフィックのクオリティーもかなり良く、3 × 3でとてもシンプルなので初心者のプレーヤーも楽しめそうです。最近はやりの落下式スロットですが、フィーチャーやボーナスはしっかりあって、凝ったつくりがかなり良いです。パチスロ未経験の人も楽しめそうなこのゲームはかなりお勧めできるでしょう。またこのゲームはカジ旅、チェリーカジノ、カジノシークレット、ベラジョン、ラッキーカジノでプレイすることができます。