支払い方法

payment-methods

オンラインカジノでは新規登録後、リアルマネーの入金を行うことでいよいよ本格的にゲームをプレイする段階に入ります。大切な軍資金ですから十分気をつけて入金・出金を行いたいですよね。そこで2020年6月現在、どのような決済方法があるのか、どれが使いやすいのかをまとめてみましたのでぜひ参考にしてください!

おすすめの決済方法

エコペイズ

ecopayzエコペイズ(ecoPayz)の魅力は何といっても対応可能なオンラインカジノの数の多さ。日本語サポートもあり、とても安全性が高い支払い方法です。

ほとんどのオンラインカジノで利用できるため、複数のオンラインカジノを渡り歩いてプレイするのにも最適です。今のところ1番普及している方法であると言えるでしょう。

ヴィーナスポイント

venus-point

ヴィーナスポイント(VenusPoint)はお金を「ポイ

ント」として扱うシステムとなっています。維持費がかからず、入金にポイントバックがついてくることにより、コスト面でのメリットは大きいです。

しかし「提携サービスで貯めたポイントを入金・出金して使う」というやり方なので、アカウントに直接入金することはできません。ポイントがない状態でオンラインカジノを始めることができないんです。オンラインカジノを初めてプレイする際に、同時にヴィーナスポイントに登録して入金することができませんのでご注意くださいね。

ビットコイン

bitoinビットコイン(Bitcoin)に対応しているオンラインカジノは増加傾向にあります。

中にはビットコイン以外の仮想通貨(ライトコイン、イーサリアム、リップルなど)が利用できるオンラインカジノも増えてきました。

ビットコインのメリットとして、決済時に仲介業者が存在しないことで手数料が非常に安く、迅速な入金が可能という点があります。

また本人確認不要で遊べるので匿名性が非常に高いですし、セキュリティも他の入出金方法と比べて段違いに高いです。デメリットはあまりありませんが、価格変動が大きいということを覚えておくといいですね。

アイウォレット

i-walletアイウォレット(iWallet)は身分証がなくても口座が開設できるオンライン決済サービスです。防犯性も高く、充実した日本語サポートで簡単に口座を開設することができます。

送金手数料は無料で、さらにiWalletカードを発行するとATM引き出しが可能となっています。

マッチベター

much-betterマッチベター(Much Better)はロンドン発祥の電子決済サービスです。androidとiPhoneでのアプリとして使えるサービスで、登録はアプリをダウンロードするだけでOK。

2020年1月から日本語に対応したのでより使いやすくなりました。アプリで残高確認と送金認証が簡単にできるので非常に気軽に使える、便利な決済方法です。

クレジットカード使用の注意点

オンラインカジノの多くがVISAやMasterCardによる入金方法に対応しており、日本でなじみ深いJCBやDiners Clubなどのクレジットカードが使用可能なオンラインカジノも増えてきました。

クレジットカードのメリットは手間が少なく、簡単・便利に入金できるところ。

日常的に利用する決済方法なので、他に比べ親しみがあり、安心して使うことができます。

デメリットとしては手数料が発生するケースが多いということ、そして何といっても出金に対応していないということです。

ですから、カードしか持ってなくてどうしても急ぎで入金したいとき、とりあえず今すぐ試しにちょっとやってみたいときなどの急場以外は、エコペイズやビットコインを準備して、腰を据えてやったほうが結果手数料などもかからずにお得に遊べる、ということも念頭に置いておきましょう。

オンラインカジノ決済方法一覧 

それでは当レビューサイトでご紹介しているオンラインカジノの入出金方法を一覧にまとめたのでご覧ください。

visa master-card ecopayz venus-point bitcoin iwallet much-better
ベラジョン
カジ旅
レオベガス
ビデオスロッツ
ワンダリーノ
シンプルカジノ
ユニークカジノ
カジノエックス
まね吉
スロッティベガス
アルフカジノ

これを見ると一目瞭然ですね。エコペイズが強いです。

VISAカードは全カジノ対応はしていますが、前述のように入金のみの取り扱いですのでご注意を。

日本で使えない決済方法 

海外では使えるのに日本では使えない、前は使えたのに今は会社が撤退した、そもそもオンラインカジノに対応していないなど、いろんな理由で使えない決済方法をご紹介します。

ネッテラー

ネッテラー(Neteller)はイギリスのペイセーフグループが運営する電子決済サービスです。2016年まではオンラインカジノの入出金といえばネッテラーというほど普及していたのですが、突如日本からのオンラインカジノへの入出金が不可となりました。2020年4月からは出金以外ができなくなり、事実上撤退するようです。

スクリル

スクリル(Skrill)はイギリス発祥の電子決済サービスとしては非常に優れたサービスなんですが、2016年9月をもって日本でのサービスを終了しました。日本からだとアカウントの開設もできません。 

ペイセーフカード

ペイセーフカード(Paysafecard))はヨーロッパを中心に普及しているプリペイド式のオンライン決済方法です。匿名性が高いため人気が高いのですが、残念ながら日本に向けたサービスを現在提供していません。もしも海外サイトからオンラインで購入できたとしても、日本在住の日本人プレイヤー向けにペイセーフカードを決済方法として採用しているオンラインカジノはありません。ヨーロッパ在住の日本人プレイヤーの方は利用することができます。

エントロペイ

エントロペイ(EntroPay)は2018年8月13日から欧州経済領域圏外へのサービスを規制、日本でのエントロペイバーチャルカードの新規登録やカードへの入金も停止されました。その後、2019年7月1日をもってエントロペイサービス全体が終了となりました。

ペイパル

ペイパル(PayPal)はメールのアカウントがあれば使用できる、日本でも人気の決済サービスです。便利なことには間違いありませんが、日本でのオンラインカジノへの利用はできません。 

手数料

カジノごとに手数料はそれぞれ異なります。手数料を確認せずにクレジットカードで入金を何度も行っていると手数料負けしてしまった、なんてことも実際あります。手数料がかからないところ、安いところ、安い方法も増えていますので、あらかじめきっちりチェックして、賢く利用するようにしたいですね。

まとめ

結局じゃぁ何がおすすめなの?ってなりますよね。結論づけるとしたら、大手だけ攻めていくのならほぼエコペイズ一択だと思いますが、いくつかの決済方法を使えると幅が広がりますし、超便利です。今から始める方の場合はエコペイズの口座を作って、大手でちょっと慣れたら他を開拓しつつ、ビットコインを取り入れるっていうのはどうでしょうか?これから仮想通貨が使えるところはオンラインカジノ以外でも絶対増えると思うので、口座を持っていても無駄にはならないと思います!